kawaoxも気ままにブログ
船堀のあけぼの湯へ_止まらぬ地震
実家の母ちゃんと姉ちゃんとともに風呂を求め、
新浦安へと戻った後に、船堀街道にあるあけぼの湯に向かった。
すると、我が家と同じように浦安から来ている人で溢れており、
それはそれはの大賑わいとなっていた。
新浦安周辺でお風呂を探していた方はぜひチェックしてみてください。

◎あけぼの湯
住所:東京都江戸川区船堀3丁目12−11
電話:03-3680-5611

ちなみに、葛西のスーパー銭湯、湯処は休館日でありました。
こちらの情報を調べようとしたら、地震の影響でHPが一時閉鎖となっていた。
向かわれる方は事前にお問い合わせをぜひ。

◎スーパー銭湯湯処葛西
住所:東京都江戸川区東葛西9丁目3−5
電話:03-3687-1126
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

風呂を上がって母姉を待つ間、
銭湯のおばちゃんが話しかけてきてくれた。
ここ数日は浦安からの来客でてんてこ舞いのようだが、
きっと元気づけようとしてくれているのだろう、
とても明るく優しく声をかけてきてくれる。
みんな元気を分けてもらっていると思います、感謝感謝。

そんなこんなで話している最中に、大きな揺れがグラリときました。
すぐさまニュースに目をやると、震源地は静岡県東部。
そこって浜岡原発もろじゃんか!と 気が気じゃないまま車に乗り込み、
新浦安へと戻る道すがらでニュースに耳を傾けると、
現状では影響なく、問題なく稼働を続けているという。
しかし、耐震問題が少なくないこの浜岡原発、正直心配でならない。
時事通信社のニュースによると、
ドイツでは今回の福島第1原発の事故を受けて、
ドイツ国内の老朽化が進んだ7つの原発に関して
運転を3ヶ月間停止し、安全性を点検すると発表したそうだ。
ソースはこちら

こうした素早い対応を見せるドイツに対し、
震源地がすぐそこにまで迫っているのに、動きが見えない政府の判断。
事故が起きてからでの対応では遅いってのは、
今回の福島原発事故で(も)まさに勉強したところでしょう。
乳幼児は被爆しやすいというけれど、
1歳ちょっとの娘が被爆していないか、気が気じゃない毎日です。
東北エリアの方々にも、関東エリアにも、北海道エリアにも、
日本の全て、地球の全てに、どうかこれ以上被害が広まりませんように。

浜岡原発の運転の再考を願う要望書を募集しているようです。
 「要望書を 3月17日(木)または18日(金)に届ける予定ですので、
 賛同のお返事は 3月17日朝、7時までにお願いします。」とのこと。
 参考までに情報を載せておきます。

※googleマップで各地の放射能測定値を見ることができます

いつまでも美しい海を、川を、山を、空を、残していきたいです。
汚すも守るも結局は人なんだから。ね。
c0229226_110282.jpg

[PR]
by kawaox | 2011-03-16 01:19
<< 計画停電 浦安市からのお知らせをまとめま... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログトップ